食事と図書 雨風食堂

photo:kettle_photo

「雨風BOOKNIGHT」2024

雨風食堂は、食事と図書のお店です。
夫が食事を、妻が図書を担当しています。
2022年からスタートしたブックナイトは
図書部門《 amekaze books 》の企画です。

2年目には有志による文芸部も発足しました。
書くことを仕事にしていない
「ふつう」の人たちが寄稿した
ZINE「雨風文芸」のご注文はこちらから

/// コンセプト  ///

ブックナイトは、本をお勧めし合ったり
同じ本を読んで集まるような
いわゆる読書会ではありません。
本を持ったり持たなかったりで集まって
ご飯を食べ、ぽつぽつと話す
哲学対話のような、寄り合いのような会です。

会の中では肩書きも本名も必要なく
何者でもない個人に戻って
ここでは普段の環境では言えないことも
何を言っても自由です。
ただし、場にいる人や、どんな意見にも
否定的な態度を取らないことを前提に。

みんなで紙風船で遊ぶように
自分の言葉も人の言葉も
まとめたり解決しようとしないで
ただそのままに話し、聞いて
散らかしっぱなしで帰りましょう。

そんなふわふわした対話の手がかりに
本があれば安心、という方は
ぜひ、お持ちください。
自分や他の人の読書や思考の道筋を
月単位、年単位の時間をかけて観察して
はじめて見えてくる事もあります。

本を持ってきていただく場合は
ご自身にとっての「今」の本でお願いします。
他の人にとってのニーズは気にせずに。
前に紹介された本でも構いません。
本の説明ではなく、本を手がかりに
ご自身のことを話してみてください。

定点観測の場所として
最近はこんな本を読んでるよ
という報告をしていただいたり、
今は全く読むことができないけれど
読んでいる人の話を聞くことで本に触れたい
という方も、ぜひお待ちしています。

一度も本の紹介をしないという方も
どうぞ気にせずお越しください。
本を読むことだけが読書ではないと思うのです。

///  流れ  ///

18時半以降、お入りいただけます。
受付・お会計を済ませていただいて、
賄いの準備ができるまでは
読書や雑談など自由にお過ごしください。

炊き出しスタイルの賄いは
セルフサービスです。
玄米ご飯と汁物を簡単にご用意しますので
(玄米が苦手な方は事前にお知らせください)
出来ることからお手伝いをお願いします。
皆さんで協力し合っていただきながら
各自でよそってお召し上がりください。
この会の時間のみ、マイおかず等の
飲食物の持ち込みもOKです。
(取り皿のご用意はありません)
水筒のお持ち込みも推奨します。

お腹が落ち着いてきたら
ごく簡単に自己紹介をお願いします。
(本名や肩書きを言う必要はありません)
最近の読書報告などもあればお願いします。
本の情報よりも自分が感じた事、
体験に即した事を率直にお話ししてください。
正しい読み方のようなものや
その本が伝えたいテーマは
一旦無視して大丈夫です。
本に限らず最近気になる事などでも。

おやつ休憩を割としっかり挟みます。
(※別料金でドリンク・デザートご注文可◎)
前半で言及されて気になった本の話など
皆さんでご交流ください。

後半は雨風図書担当より
直近の読書や入荷した本についてお話しします。
(参加者の方もどんどん発言してください)

22時頃に一旦終了になります。
お帰りいただいても結構ですし、
本をご覧になったり、購入していただいたり
参加者の方と交流を深めていただいたり
暫しご自由にお過ごしください。
(23時頃にはクローズしたいと思います)

///  日時・ご予約  ///


Vol.22 – 6月8日(土)
時間 OPEN:18:30
START:19:00
CLOSE:22:00
※自由集合、自由退場です
場所 食事と図書 雨風食堂
会費 2,000円
(簡単な賄いつき)
ご予約

お電話、または
こちらのフォームから承ります

ご予約についてのお願いは
 ランチのご予約時と同じです。